国際法

2014年7月 1日 (火)

「憲法」をとりもどす。

今日、集団的自衛権容認の閣議決定がなされるようです。

前にも書きましたが、

わたくしは、解釈改憲によるのではなく、
正々堂々と憲法改正手続きに則って国民の賛成を得るべきだと思います。

国会での議論も十分に行われず、
与党の検討会議(1日3時間までで10日間ほど)だけで
いままでできなかった集団的自衛権の行使を認めるという方法は、
あまりにも拙速だと思います。

首相の会見で挙げた例も、現実性のない(アメリカ側が邦人を米艦で輸送することはない、アメリカ国民・民間人を輸送することはないと述べています)例で説明し、感情に訴えるやり方も、非常に汚いやり方だと思います。

昨年は憲法改正手続き条項を変えようとして、「国民投票にかける機会を増やしたい、憲法を国民に取り戻す」と言っていたことと正反対です。

ということで、手続に問題あり、と考えます。
だからこそ「憲法をわたしたち国民に取り戻す」必要があると思います。
集団的自衛権については、国民投票で是非を問えば良いと思いますが、
日経の世論調査でも、集団的自衛権行使反対50%、賛成34%だそうです。

わたくし個人的には反対で、武力に以外の国際貢献ができると考えており、武力行使をしない国だからこそできること、得られる信頼というものがあると思います。
理想主義だと言われるのですが、理想に向かって現実社会を良い方向へ向かうよう努力することが大事だと思っています。

2014年6月13日 (金)

集団的自衛権について

集団的自衛権について、
わたくしは、解釈改憲によって認めることには反対です。

その理由は、多くの方が仰っていることを軌を一にします。

例えば、

2012年2月28日 (火)

国際私法

国際私法の1冊目としては、これが良いと私たちの頃は言われました。

下の画像は第6版で、3月に第7版が出ますので、買わないようにしてくださいネ。

第7版はこちらで確認を。

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641112797

Sシリーズ(櫻田先生)もありましたが、

本格的には、溜池先生でしたネ。分厚くてとっつきにくいイメージを持たれるかもしれませんが、非常に読みやすい。

最近は有斐閣から注釈も出ていますし、他の新刊もラッシュなのですが、

三省堂のサイトを観ていて気になりました。

http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/roppou/kokusai_jitsumu/intl_prv_yoko/

横山潤「国際私法」三省堂3月23日頃刊とのこと。


あの憲法の辻村先生が奥様。

三省堂から出ている法律書って、何気に良本が多いんですよネ。

なので、期待大の新刊です。

2011年10月 6日 (木)

有斐閣の注目新刊。

1.重点講義民事訴訟法(上)第2版。

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641136137

大幅改訂とのことですネ。

2.平成24年版判例六法Pro

http://www.yuhikaku.co.jp/six_laws/detail/9784641004122

11月上旬発売予定。

3.平成24年版判例六法

http://www.yuhikaku.co.jp/six_laws/detail/9784641003323

11月中旬発売予定。遅いですよネ。模範小六法は11月1日ぐらいだぞ、だしか。

4.事例で考える会社法

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641136113

12月発売予定だそうです。リークエの執筆者などが、法学教室に連載していたものです。単行本化にともない6問に参考答案を付したとのこと。全24問。

5.杉原高嶺「基本国際法」

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641046498

国際法学者の重鎮、杉原先生による入門書。11月下旬発売。国際法は最近、アルマといい、入門がよく出ますネ~。

6.New Liberal Arts Selection 政治学補訂版

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641053779

法学ではないのですが、隣接科学ということで。政治学では、いま一番良書だと思っています。補ていの度合いがどんなものかですネ~、買い替えはした方が良いのかな?

7.有斐閣アルマ 親族・相続(第3版)

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641124523

家族法では本当に良書の部類に入ると思います。今年の改正にも対応しているそうで・・・まあ、法学教室10月号の中田先生の解説を加えればよいとも思うのですが、この改正を機に家族法の本を買おうと思っている人には、わたくしはこちらをオススメします。たしか、

和光だよりは読み終えました。

面白く読み終えました。ロースクール生や法学部生にオススメです。ゴロ暗記とか使える(!?)知識もありますし、修習生の生活の様子も分かりますし、勉強の合間にオススメです。大木先生は、2010年から新司法試験の考査委員(刑法)です。

プレップ憲法訴訟は、在外日本人選挙権制限訴訟について、福田博裁判官の存在の影響、立法事実論の採否、皇居外苑使用不許可事件判決以降の憲法訴訟における損害賠償請求訴訟の手段の適切性など、多々勉強になりました。

ただ、「プレップ」シリーズの趣旨から外れてきていますネ。プレップって、大学法学部入学前に読む本ではなく、ロースクールの入学前に読むべき本に変わっていくのか~。

2010年10月15日 (金)

小寺彰・岩沢雄司・森田章夫「講義国際法(第2版)」有斐閣

講義国際法 第2版

国際法の定番となるべき本です。

第2版が10月上旬に出ましたが、なかなか手に入らず・・・。

一昨日、やっとゲットしました。

新司法試験の国際法の考査委員や、外務省専門職員の試験委員など、有力な学者が書かれています。

内容も、標準的な内容でアップデートされています。

ちなみに、尖閣の事件が起きる前の記述となっています。

まあ、そこを読んでも、国際法の実効性には疑問をもつばかりとなってしまいますが・・・。

この本の特徴は、節の冒頭にポイントが掲げられていること。

重要な箇所を読み流さない工夫がなされています。

国際法の本としては、あと、こちらもオススメ。章の最後の質問に答えられれば基本はOK。

プラクティス国際法講義 (プラクティスシリーズ)

大家のものとして、また外務省専門職員などの公務員試験のバイブル的存在(古いんですけれどネ)なのがこちら。

新版 国際法

ちょっと前まで入手不可だったのですが、最近、購入できるようになったようです。

アマゾンや大手の書店でも(有斐閣に在庫があるようなので)、購入可能です。

800頁の超大作。

2010年6月29日 (火)

プラクティス国際法講義をゲット。

プラクティス国際法講義 プラクティス国際法講義

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

こちらもWEBでゲットしました。

章の最後に10の確認質問で、その章の復習ができるという形式です。応用演習の問題も当初は載せる予定だったそうですが、量が半端無い、ということで、後日、別の本になる予定だそうです。

もう、国際法については、初学者同然の知識なので、アルマと併用して、辞書的に杉原先生の2冊の本で、息抜きにパラダイム国際法を読んで(法学教室連載時の方)、勉強しようと思います。

ただ、ネットでいろいろと調べていくと気になる本が。

 国際法<新訂版> はじめて学ぶ人のための

大沼先生の本。評判がすこぶる良いんです。芦部先生の憲法学にも、大沼先生の論文の引用があったと思います。ページ数は多いのですが、良さげなんですよネ~。

国際法の文献を調べていく中で、1つ気になっているのが、弘文堂の島田先生の国際法。版を重ねているし、古い版の時の評判も悪くなく、書店で実物を見ても、近江先生の本みたいで、簡潔になっていて、うまくまとまっていそうに思ったのですが、なぜか、他の国際法の参考文献に挙がっていないんです。今回購入したプラクティス国際法講義にも挙がっていません。

???

国際法 全訂版 [法律学講義シリーズ] Book 国際法 全訂版 [法律学講義シリーズ]

著者:島田 征夫
販売元:弘文堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2010年6月25日 (金)

プラクティス国際法 手に入らず・・・。

今日は新宿・ブックファーストに行ってきました。

目的は、ただ1つ。

わたしの住む街には売っていない、プラクティス国際法を購入するため。

国際法の置いてある所に行くと、小寺先生の本や、田畑先生の岩波全書など、やはり多い。しかし、おなじみのプラクティス・シリーズの表紙が見当たらない。ブリッジブック国際法はあったのに・・・。

検索したんだけれど、在庫なしって・・・。

まあ、仕事があったので、寄ってみたんだけれど、残念。

南口の紀伊国屋に行ければよいのだけれど、用事があって時間がなく断念。

三省堂も法律書が減ったし・・・。

紀伊国屋、遠いよな~。

ネットで注文するか~。

2010年6月20日 (日)

国際法の本。

今日は、芝刈りを15mmで。梅雨なので、降らない日にやっておかないと。芝刈り後、キトサンを約1カ月ぶりに撒きました。緑はいい感じ。

さて。

ちょっと仕事で必要となり、久しぶりに国際法の本を読もうと。

大学時代には、香西先生ほかの有斐閣双書で勉強しました。その後は、Sシリーズだけ購入していました。

国際法 第5版 (有斐閣Sシリーズ) Book 国際法 第5版 (有斐閣Sシリーズ)

著者:松井 芳郎
販売元:有斐閣
Amazon.co.jpで詳細を確認する

体系書となると、山本草二先生の有斐閣となるのですが、古いし、いまは絶版で手に入れるのも大変なようですネ。

どの本が良いのかネットでもいろいろと探ったのですが、なかなか参考となるページも見つけられず。

なので、比較的良書の多いシリーズ、アルマを購入して、ざっと確認しようと。

 国際法 国際法
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

気になるのは、信山社のプラクティス国際法。外務省専門職員の試験委員の柳原先生が編著。

プラクティス国際法講義 プラクティス国際法講義

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

これは、今週中に手に入れようと思います。その前に、アルマを読まなきゃ。

あと、法学教室で以前連載をしていた、小寺先生。

パラダイム国際法―国際法の基本構成

講義国際法 Book 講義国際法

販売元:有斐閣
Amazon.co.jpで詳細を確認する

外務省専門職員の試験では、こちらが最近使われているようです。

 国際法学講義

現代国際法講義 第4版