民事訴訟法

2015年12月 7日 (月)

長谷部由紀子「民事訴訟法」岩波書店

もう、だいぶ前に読了していたのですが、

ブログをしばらく放っておいたので、
感想を書いておこうと思います。

ページ数は、最近の民事訴訟法の本にしては少なく(?!)、400頁ちょっと。
目的論はあっさり、12頁には「公共財」としての判決なんていう注があるところでクスッと笑ってしまうのはわたくしだけではないでしょう。
注の書き方については、四宮民法総則の影響だということが、法学教室の記事で出ていましたネ。
初学者がこれ1冊で何とかなるかというと、ちょっと厳しいような気がします。しかし、簡単な入門書を読んだ後に長谷部民訴を読むと力を発揮するのではないでしょうか。
16頁以下の「民事訴訟の基本原則」で早くも弁論主義や釈明など、重要論点が出てきます。定義もしっかりと述べられていますし、よーく読むと多くの論点に触れられていて、まさに四宮民法総則(能見先生の改訂前)と同じ香りがします。
読んでいてストレスに感じるのは、長谷部説はどれ?というところが多々あるところ。自説を述べた上で当否を読者に委ねるという書き方のほうが、わたくしは好きです。
これ1冊で民訴をマスターすることはできないけれど、どんな本でもそうでしょう。
民訴をマスターするなら、現時点では、和田民訴か新堂民訴かなと思いますが、両方とも厚すぎる、という方には、3冊目に候補にも入れて良い本だと思います。

2014年3月 1日 (土)

長谷部由起子「民事訴訟法」岩波書店

久しぶりの更新です.

岩波書店の3月1日更新のサイトに出ていました.
体系書ではなく、教科書という扱いなのでしょうか・・・.
太い幹にあたる民事訴訟の基本的な考え方の理解から始めて,徐々に枝や葉にあたる高度な論点をたどっていけるように,叙述の順序を工夫したスタンダードテキスト.基本的な概念の説明には具体例を交え理解しやすい記述を心がけ,コラムでは本文の内容を深める記述を行い法曹や研究者を目指す読者の関心にも応えるなど,独習用としても最適.
以上、岩波書店のサイトより.

個人的に民事訴訟法で注目している、いや、注目していたのは、
昨年の5月13日の記事に書いた、有斐閣の「新民事訴訟法講義」の第3版.
もう出ないと思っていました.が、延期に延期を重ね、2014年7月発売予定だそうです・・・.


2013年7月 3日 (水)

お久しぶりです。

またしても忙しさのあまり、久々の更新となってしまいました。

この間にもいろいろな書を買い、
2007年に乳がんを患った部下の入籍報告があり。
激動な毎日を送っています。
そんななか前クールでやっていたドラマも相当見ましたネ。
月;ガリレオ;緻密さに欠けていたように思います。
水;家族ゲーム;結末がどこへ向かうのかわからず、そこが面白かったですネ。
木;潜入探偵トカゲ;以外にも面白かった。最終回は「えっ」っていう感じでしたが。肝心の逮捕シーンを略しやがって・・・。
金;TAKE5。ストーリーがだんだんパワーダウンしていく感じでした。
日;八重。会津は可哀想ですネ・・・。
 ;空飛ぶ広報室。航空自衛隊のいい宣伝番組でしたネ。毎回泣けるストーリーで全体的に面白かったと思います。
このほか、WOWOWのERが月~金。
ドクターGも面白いですし、ナイナイのバラエティも見てますし、
休日は溜めていたブルーレイを見るので忙しい・・・。
購入した本。
まずは海堂さんのコチラ。


働きすぎて体調を崩していたこともあり、ちょっと勉強しておこうと思って購入。いま読み始めたところです。

そして2月に出ていたんですネ。



「螺鈿迷宮」「ケルベロスの肖像」を読んでないと
内容はわからないんじゃないかな~。
後半の盛り上がりが若干欠ける気がしました。
「ケルベロスの肖像」を読んでいたからでしょうか。

新書は1冊。


木山先生が薦めていたものでしたので、購入。
ただ、思っていたのと違ったな~。
あちこちの書店で探したけれどなかなか見つからず、
勝手に期待値を上げすぎていたのかもしれません。
参考になる記述ももちろんありましたが。
もっと多くの接続詞について解説してほしかったな~というところです。新書だからスペースがないというわけではありません。他の記述を削ってでも出来たのではないかなと思いました。


続いて法律書。
まず、こちらは書店で見つけて衝動買い。



足りなかったといわれていた(それでも簡潔にして参考となる記述でした)事実認定の記述を大幅に加筆し、演習問題もついた、旧版からのバージョンアップです。分かりやすくて、ページ数の割に読みやすいです。すぐに読めると思います。



こちらも書店で衝動買い。


噂の「憲法ガール」です。

帯に宍戸先生が推薦文を書いているとなると、どんなものか読んでみたくなり、購入。購入したのはすでに3刷目(6月1日第1刷、6月15日で第3刷と売れているようです)でした。

読了後の感想は・・・
①宍戸・解釈論の応用と展開、小山・作法、駒村セミナー連載をベースに、判例を「はしご」として論文を書くためのもので、読者は少なくとも宍戸・小山先生の両著作を読んでいないと分からないのでは?1回読んだだけでは分からないと思います。2、3度回して、ようやく分かってくる、そういう本だと思います。
②論文の一つの「型」を提示したところに意味があり、7年分の答案を読み込むとどのようにして論文を書けばよいのか、どのような論文が考査委員好みなのか、見えてくると思います。内容的にも上記①を踏まえており、高度なものだと思います。
③好みの問題かもしれませんが、文章はあまり巧くないような・・・。誤字・脱字は仕方ないのですが(116頁*4の「保護範論証」⇒「保護範囲論証」など)、理由づけだったり説明の仕方が少し足りないように感じますが、好みの問題ですネ。


佐伯先生の刑法総論も購入。



宍戸先生の本と同じく、頭の中をかき回される本です。でもそういう思考の戦いをすることが大事だと思うんですよネ。

刑法と言えば、西田先生の訃報が・・・。残念ですネ。
ご冥福をお祈りいたします。

2013年6月10日 (月)

小林秀之「新法学ライブラリー10 民事訴訟法」新世社 読了

見つけた誤植です。
6頁下から7行目
 誤 訴訟物とは、被告の原告に対する訴えの内容を指す。
 正 訴訟物とは、原告の被告に対する訴えの内容を指す。
25頁12行目
 誤 立論法
 正 立法論
38頁 注1 2行目・3行目
 誤 交付
 正 公布
70頁 ケース2の下から2行目
 誤 本訴が、500万円の一部請求であった場合はどうか。
 正 別訴が、500万円の一部請求であった場合はどうか。
100頁注4
 誤 死者を被告とする訴訟が提起されると事情としては
 正 死者を被告とする訴訟が提起される事情としては
264頁上から3行目
 誤 原告に選択が
 正 原告に選択権が
感想ですが、
民事訴訟法の骨格を捉えるには良い本だと思います。
網羅的に学説を検討するのではなく、
兼子・三ケ月・新堂・高橋・伊藤・上田・大学双書、主に新堂・高橋の引用が各所でなされており、主な学説の考えに検討を加えています。それにとどまらず、実務の動きにも触れています。
民訴の基本書は大部になるものが増えつつある中、
コンパクトに説明している書籍として、
ざっとまとめに使える本だと思います。
ただ苦手な方は、和田先生の「基礎からわかる民事訴訟法」をオススメします。

2013年5月13日 (月)

もう出ないと思っていました。有斐閣大学双書「新民事訴訟法講義(第3版)」6月下旬発売

もう改訂はないものと思っていました。

有斐閣大学双書の「新民事訴訟法講義」の第3版が、
6月下旬に出るそうです。

http://www.yuhikaku.co.jp/books/detail/9784641093799

ページ数も800頁と民訴の基本書はどんどんページ数が
増えていきますネ。

小林民訴ももう少しで読破します。

前に書いた誤字以外では・・・
100頁注4 死者を被告とする訴訟が提起されると事情としては
    ⇒ 死者を被告とする訴訟が提起される事情としては

2013年5月 2日 (木)

小林秀之「民事訴訟法」新世社

まだ読破できていませんが、

誤植を見つけたので、いくつか報告を。6頁の訴訟物の定義は目を疑いました・・・。


6頁下から7行目
 誤 訴訟物とは、被告の原告に対する訴えの内容を指す。
 正 訴訟物とは、原告の被告に対する訴えの内容を指す。
25頁12行目
 誤 立論法
 正 立法論
38頁 注1 2行目・3行目
 誤 交付
 正 公布
70頁 ケース2の下から2行目
 誤 本訴が、500万円の一部請求であった場合はどうか。
 正 別訴が、500万円の一部請求であった場合はどうか。

衝動買い。

ついに見つけました。

そして、昨日発売日の小林秀之先生の新世社の新法学ライブラリ10「民事訴訟法」。

はしがきを読むと、「標準的なテキスト」だが「これ1冊で勉学に足る」とのこと。


「一人の著者の考え方に基づいて全体を解説するほうが学習としては有用だろう」

え、いままでのたくさんの共著は???とみんなが突っ込んだと思います。

佐伯先生のものより先に小林先生の民訴を読むと思います・・・。

2013年4月26日 (金)

大島眞一「完全講義 民事裁判実務の基礎(第2版) 上下」民事法研究会

知りませんでした。

大島眞一先生の「完全講義 民事裁判実務の基礎」の初版は本当にわかりやすくて名著でした。
その第2版が今日、出たとのこと。




しかも、上下巻の2巻となって。
上巻は、基本構造・訴訟物、要件事実を収録し、584頁。
下巻は、事実認定と演習問題で、412頁。
事実認定の記述を大幅にUPしたとのことで、
期待大で、持っていない人は、第2版は絶対に買いでしょう。
佐伯先生の刑法も明日出ますし、
小林民訴や藤田解析は延びちゃいましたけれど、
買わなきゃ。
読む時間があるのか・・・・。

2013年1月 3日 (木)

期待していいのでしょうか。ついに!小林秀之「民事訴訟法」新世社、3月発売!

新世社のサイト見ていましたら、

いま、気づきました。
長谷部・憲法、二宮・家族法などのシリーズです。
小林先生の本は最近、共著ものが多く、
いまいち消化不良なものが多かったのですが、
これは期待してよいのかな??
新世社のサイトによると・・・
本書は,基本六法の一つである「民事訴訟法」の標準的テキストであり,わが国の民訴法学の現在の到達点を簡潔に示した良書である.第I部で民訴法の面白さと重要な役割について,第II部で民訴法の段階ごとの役割を二当事者対立構造の訴訟を念頭に置きつつ説明し,第III部では学説の対立が顕著な訴訟物と既判力,証明責任と証拠収集,当事者概念と多数当事者などの分野について独立した章で詳説している.また,筆者の考え方を一貫して論じ,現在の学説と判例理論を客観的に説明するように努めた.さらに,民事実務のイメージがつかめるよう訴状・答弁書・準備書面などの書式も収録した.2色刷.
いままでの本と同じような匂いもするんですよネ・・・。
日本評論社から出ていたものと・・・。
本格的なものであることを期待しつつ・・・待つとしましょう。

2012年10月 4日 (木)

和田吉弘「基礎からわかる民事訴訟法」商事法務

久しぶりの更新です。

とんでもないほど、忙しい日々が付いています。

そんななか、ほぼ読み終ました。

感想は、「素晴らしい」の一言ですネ。

民事訴訟法の本で一番のオススメです。

藤田民訴よりもオススメ。アルマよりもオススメ。

例もわかりやすく、

そして、通常の基本書だと理由づけの書いていないところも、

それとなく書いてあって、読みやすく、理解しやすい。

欠点はお値段が少し高いかな~。

この本の後、百選、重点講義といけば

民訴は得意になるはず。

あ、百選よりかは、悠々社の方が良いと

わたくし個人的に思っています。

ただ、大型という点、平成21年以降の判例は重判での補充が必要になる点が欠点・・・。

より以前の記事一覧