« 渡辺康行・宍戸常寿・松本和彦・工藤達朗「憲法Ⅰ 基本権」日本評論社 | トップページ

2017年3月22日 (水)

ASUS1225Bのキーボード

久しぶりの更新です。忙しさにかまけて更新を怠っていました・・・。

ASUSの1225Bを使用しています。
WINDOWS10に無償アップグレードして、半年以上、なんの問題もなく使用できていました。
が、先日のWINDOWS UPGRADE後、キーボードの一部のキーが反応しなくなり、慌てました!もう買い替えかな~、マックに変えちゃおうかなって真剣に考えつつも、検索をかけて対策法を探したのですが・・・
症状は・・・
ASUSの1225Bは、テンキーがないので、NUMLOCKをONにすると、Uが4、Iが5、Jが1、Kが2、Lが3、Mが0、数字キーの789はそのままでテンキーの役割をはたすことができます。
しかし、NUMLOCKをオフにすると、UIJKLMを押しても何も反応せず、「0」キーは「/」にしかならず・・・。例えば、「M」を示したい場合には、FNキーを押しながらでないと表示されなくなるという、とんでもなくやっかいな症状に苦しめられました。
調べてみると、ASUS1225BでWINDOWS10にアップグレードした後に、おなじような症状が起きていることがわかりました。
対策法として見つけたのが、X200MのWINDOWS10の64BitのATKをダウンロード、インストールするという方法が載っていましたが、わたくしのパソコンではダメでした。
次に見つけたのが、MICROSOFT-IMEを使用している場合には、グーグル日本語入力をインストールするというもの。しかし、すでにグーグル日本語入力を使用していたため(一応、削除し再インストールという手順を踏みましたが)、ダメ・・・。
2日を無駄にし諦めかけていたときに、見つけたのが、デバイスマネージャから、キーボードのデバイスと、マウスのデバイスをすべて削除するというもの。LENOBOのサポートページ「Windows10にアップグレードしたあと、キーボードとタッチパッドが正常に動作しない」というページです。このページは、あるHatenaBlogに紹介されていました。このブログ主はMAC使用者で、友人がASUSということで、英語で検索をかけて対策法を見つけたそうです。アップグレードした際に余計なドライバが自動でインストールされてしまうためになってしまうそうで・・・。「行き詰まっていたらお試しあれ~」とのことで、本当に行き詰まっていただけに感謝!ありがとうございました!
MICROSOFTのサポートページでも20人ぐらいが同じ症状で苦しんでいたのですが、誰からも回答がなく・・・。
余計なドライバを削除して解決しました。

« 渡辺康行・宍戸常寿・松本和彦・工藤達朗「憲法Ⅰ 基本権」日本評論社 | トップページ

パソコン・インターネット」カテゴリの記事