« 樺沢紫苑「読んだら忘れない読書術」サンマーク出版 | トップページ | 渡辺康行・宍戸常寿・松本和彦・工藤達朗「憲法Ⅰ 基本権」日本評論社 »

2016年3月24日 (木)

浦部法穂「憲法学教室(第3版)」日本評論社

10年ぶりの改訂ということで、人権論が分かりやすい基本書として、どのようなことが新たに記述されているのか、三段階審査については言及があるのか、など気になることがたくさんあり、リアル書店で購入。
96条の改正の動き、
解釈改憲による集団的自衛権肯定→安保法制、
自民党憲法案についてなど、
近時の憲法をめぐる動きについての浦部先生の考え方が序章で分かります。

想像通りです。というか、そのとおりです。立憲主義からすれば(佐藤幸治「世界史の中の日本国憲法」参照)、大半の憲法学者の仰るとおりになると思います。
マイナンバー法、ヘイト・スピーチ、特定秘密保護法についても述べていますし、「21世紀憲法学へのキーワード」、「近代立憲主義の本音とたてまえ」、「公共の福祉論」、「教育を受ける権利」など、とても参考になる記述があります。芦部憲法をわかりやすく、予備校の講義のように理解させてくれる、有益な書であることは間違いないです。一気に読み通せる、まるで、民法案内の憲法版と言えるものです。

でも、三段階審査についての言及はなく、24条の解釈論もなく・・・、残念。というか、ないことが答えなのでしょうか。

« 樺沢紫苑「読んだら忘れない読書術」サンマーク出版 | トップページ | 渡辺康行・宍戸常寿・松本和彦・工藤達朗「憲法Ⅰ 基本権」日本評論社 »

憲法」カテゴリの記事