« 田中豊「法律文書作成の基本」日本評論社 キンドルで安い! | トップページ | 有斐閣法律講演会2015 新しい「民法(債権法)」案を知る・学ぶ 2日目 »

2015年12月 5日 (土)

有斐閣法律講演会2015 新しい「民法(債権法)」案を知る・学ぶ

久しぶりに書きます。

有斐閣法律講演会2015「新しい『民法(債権法)』案を知る・学ぶ」の初日を聴きに行きました。
大村敦志教授
 長年、審議・検討してきた改正内容が削り取られ、異論のないところだけになってしまった。しかし、それでも希望は残る。検討がなされたり、不十分ながらも条文ができたことが始まり・出発点。財産分与の発展のように、立法で播いた種を、判例、学説そして市民社会が共同で育てていく。
角田美穂子教授
 90分と長い時間を割り当てられるも、時間配分を間違え、定型約款が途中からハイスピード、賃貸借はレジュメを見ておいて、で終了・・・。話は巧かった。
道垣内弘人教授
 話がいちばんうまいし、面白いし、頭の良い人だな~と。話の持って行き方も素晴らしいし、不能に関するチャートがあるレジュメの1頁目(講義のメモを付した)は重宝します。
大澤彩准教授
 45分しかなく、レジュメに沿って改正のポイントを淡々と講義を進められていました。
久々の聴講で、疲れましたが、明日もしっかりと聴いてきます。
参加者は一部の20%引きという特典があるので(わたくしも2冊購入)、当日券があれば是非、参加してみてはいかがでしょうか(有斐閣のマワシモノではありません)。

« 田中豊「法律文書作成の基本」日本評論社 キンドルで安い! | トップページ | 有斐閣法律講演会2015 新しい「民法(債権法)」案を知る・学ぶ 2日目 »

民法」カテゴリの記事

トラックバック

« 田中豊「法律文書作成の基本」日本評論社 キンドルで安い! | トップページ | 有斐閣法律講演会2015 新しい「民法(債権法)」案を知る・学ぶ 2日目 »