« マニアックな。 | トップページ | 弥永先生らしい新刊ですネ。 »

2011年6月 8日 (水)

Get!山本敬三「民法講義Ⅰ総則(第3版)」有斐閣

発売日より1日早く、ゲットしました。

民法講義1 第3版 総則

忙しいから、第3版のはしがきと、

「要件事実・規範構造分析の意義と本書における表の見方」、

本文の30頁目までしか、読んでいません。

この本の第2版までは、初学者向きだと思っていたのですが、

「要件事実・・・」が入ってくると、どうなんだろう。

民法を初めて勉強する人に、最初の1冊として勧められるものなのかな、という疑問が。

民法や民訴をやっていると、とってもいい本だと思うのだけれど。

それでも、総則で1冊だけを勧めるなら、この本ですネ。

まあ、四宮・能見総則か、佐久間総則と、良い本がありますからネ。総則は充実しているナ~。

第3版では、コラムに見出しがつき、規範構造表がつき、自説も可能な範囲で論じているとのことです。

引用文献や、最新の判例、山本説に注目しながら読み進めようと思います。

« マニアックな。 | トップページ | 弥永先生らしい新刊ですネ。 »

民法」カテゴリの記事