« 池田修・前田雅英「刑事訴訟法講義(第3版)」東京大学出版会 | トップページ | 前田・総論第5版のいいところ。 »

2011年4月 3日 (日)

前田雅英「刑法総論講義(第5版)」東京大学出版会

今日、届きました。

刑法総論講義 第5版

まず、この色。

どぎつい色ですネ・・・。

前田先生は、薄い基本書が流行っている現状を嘆いているようです(はしがき)。

裁判員制度が始まり、今後ますます「国民の納得」を得られるような一般常識に則った妥当な結論が求められる、そこを意識してきた前田説がこれからますます活躍していくのだ、という強い意志を序章から読み取ることができます(読みとりすぎか)。

判例の引用は多いですネ。

でも、最近の学説の流れを追えていない気がします。

西田・山口・井田の引用がまったくと言っていいほどない。

いままでの版のものと、引用が変わっていないんじゃないかな。旧版と対比して調べれる時間もないので、ざっとみた感じですが・・・。そこが残念・・・。合法則的条件説なんて相変わらず注で軽く触れるだけです。

前田説は面白くて好きなんだけれど・・・。

刑法で一番最初に読んだ本だったので思い入れは深いんです。

ただ、自分の中で採る学説は西田説になってきています・・・。前田刑法ではほとんど触れられていませんが・・・。

刑法総論 第2版(法律学講座双書)

« 池田修・前田雅英「刑事訴訟法講義(第3版)」東京大学出版会 | トップページ | 前田・総論第5版のいいところ。 »

刑法」カテゴリの記事