« BE MY BABY のカヴァーを聴いた・・・。 | トップページ | 芝刈り。 »

2010年10月15日 (金)

小寺彰・岩沢雄司・森田章夫「講義国際法(第2版)」有斐閣

講義国際法 第2版

国際法の定番となるべき本です。

第2版が10月上旬に出ましたが、なかなか手に入らず・・・。

一昨日、やっとゲットしました。

新司法試験の国際法の考査委員や、外務省専門職員の試験委員など、有力な学者が書かれています。

内容も、標準的な内容でアップデートされています。

ちなみに、尖閣の事件が起きる前の記述となっています。

まあ、そこを読んでも、国際法の実効性には疑問をもつばかりとなってしまいますが・・・。

この本の特徴は、節の冒頭にポイントが掲げられていること。

重要な箇所を読み流さない工夫がなされています。

国際法の本としては、あと、こちらもオススメ。章の最後の質問に答えられれば基本はOK。

プラクティス国際法講義 (プラクティスシリーズ)

大家のものとして、また外務省専門職員などの公務員試験のバイブル的存在(古いんですけれどネ)なのがこちら。

新版 国際法

ちょっと前まで入手不可だったのですが、最近、購入できるようになったようです。

アマゾンや大手の書店でも(有斐閣に在庫があるようなので)、購入可能です。

800頁の超大作。

« BE MY BABY のカヴァーを聴いた・・・。 | トップページ | 芝刈り。 »

国際法」カテゴリの記事