« KIKKAWA KOJI LIVE 2010 Summer Groove ~club edition~ | トップページ | 最近・・・。 »

2010年8月22日 (日)

買って損した本だな~。

さて、タイトルにある買って損したな~という本について。

法律の本と異なって、難しいな~。ネットの評判だけで一般書は買ってはいけないナ。

まあ、わたくし個人的な感想なのですが、参考になることは何もなかった・・・。期待しすぎちゃったかな。わたくしの評価はとても低いです。☆を1つもあげたくない。なので、小さめに紹介・・・。

問題解決のためのファンクショナル・アプローチ入門

もう、最初から最後までわたくしには苦痛でした。最初はじっくり読んだのだけれど(どのあたりで「おーっ」と言わせる内容が来るのだろうと期待していたのですが)、途中から速読モードで。「問題解決」のビジネス本で良い本に出会ったことがないです。

わたくしには、当たり前のことすぎて、納得・共感しながら読むレベルにまではいかず、ストレスに感じながら読み進めました。社会人なら、当然に分かっていることなんじゃないでしょうかネ~。

今年一番の書籍購入の失敗。

お金と時間を返してほしい、ぐらいまで思ってしまいました。

しかし、図書館では予約でいっぱい。

最初に買いに行った本屋には1冊もなく。2店舗目では山積みでした。

なので、上記はあくまでもわたくしの個人的な感想。わたくしがこの本の良さに気づかなかっただけかもしれません。

ところで・・・

今月は法律の本を買っていないナ~。

特許法はまだわたくしの住む街には売っていません・・・。それどころか旧版が残っている状態・・・。

なんでだよう・・・。

特許法 (法律学講座双書) 特許法 (法律学講座双書)

著者:中山 信弘
販売元:弘文堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あと、こちらももうすでに出ているはずなんですが、わたくしの住む街の本屋には置いてありません・・・。

刑事事実認定入門 刑事事実認定入門

著者:石井 一正
販売元:判例タイムズ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なので、今月は法学セミナーのみの購入で。

法学セミナー 2010年 09月号 [雑誌] 法学セミナー 2010年 09月号 [雑誌]

販売元:日本評論社
発売日:2010/08/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本当にタメになる記事・論文がたくさんあるのですが、今回の最大の注目は、新刊の案内でしょうか。「事例研究の刑事法Ⅰ(刑法)、刑事法Ⅱ(刑事訴訟法)」が9月中旬に刊行予定だそうです。また、「行政法 事案解析の作法」も9月中旬刊。あと中舎先生の「民法総則」。名古屋大学の伝統を受け継いでいれば、良書だと思うのですが・・・。

« KIKKAWA KOJI LIVE 2010 Summer Groove ~club edition~ | トップページ | 最近・・・。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事