« 日本評論社、偉い! | トップページ | 八ヶ岳へ »

2010年7月17日 (土)

鳥刺しの原作を読む。

映画「必死剣鳥刺し」を観た後の余韻を楽しむべく、原作を購入。

隠し剣孤影抄
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

あ、でもその前に、公式HPの「映像」のところの、トヨエツや吉川、池脇さん、平山監督のインタビューを観ました。どのような思いで演じたのか、どう解釈したのか、など、興味を持って聴くことができました。映画を見た後に、上記インタビューを聞いた方がよいと思います。

原作は、仕事の休憩中に、一気に30分弱で読み終えました。

閉門を解かれたあとから話がはじまるものの、映画が原作を忠実に再現していたんだな~というのが第一印象。また、映画のシーンを思い出しながら読み進めることができました。

必死剣のところは(ネットでは「ゾンビ剣」なんて揶揄されていますが・・・)、映画のシーンの衝撃度が高いので、映像の衝撃度から映画の方が良いな~とは思ったものの、淡々とした筆致で描く手法も、あとから来るな~と。

世襲のためにバカでも殿になってしまう、その側室が政治に口を出す、不条理な命令、横暴な振る舞いにより、被害をこうむる者多数。いまの会社でもありうる話だな~と。トヨエツも言っていましたが、サラリーマンに是非観てほしい映画です。

その他、購入した本はこれ。

隠し剣秋風抄
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

ブレイズメス1990 ブレイズメス1990

著者:海堂 尊
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ブレイブメスの表紙は、格好いいですネ~。浮き上がっているんです。連休中に読みたいと思います。

法学セミナー 2010年 08月号 [雑誌] 法学セミナー 2010年 08月号 [雑誌]

販売元:日本評論社
発売日:2010/07/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 日本評論社、偉い! | トップページ | 八ヶ岳へ »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

吉川晃司」カテゴリの記事

法学」カテゴリの記事

海堂尊」カテゴリの記事