« 西田総論 2つめの改説は・・・。 | トップページ | 四宮和夫・能見善久「民法総則(第8版)」弘文堂をゲット! »

2010年4月29日 (木)

川井健「民法概論2 物権(第2版)」有斐閣 

ちょっと調べ物をしていたら、誤植発見・・・。すぐには気づなかった・・・。

387頁 最判平17・3・22民集59巻2号356頁

⇒ 最判平17・3・10民集59巻2号356頁

そう、日付が違ったんです。判例索引も間違えていますんで、ご注意を。

民法概論の中で、物権を読んだときに思ったんですが、特に誤植が多いという記憶がありました、物権は。でも、債権各論の方が多いかな。

57頁下から9行目 不登109条3項 ⇒ 不登109条2項

59頁14行目 中問省略登記 ⇒ 中間省略登記

213頁下から3行目~2行目
  通行地役権者は譲受人に対し地役権設定登記手続を請求でき ⇒ (削除)

219頁一番最後 292条 ⇒ 293条

308頁下から2行目 後述の ⇒ 前述の

319頁下から5行目 CのAに対する ⇒ BのAに対する

383頁下から3行目 抵当権の請求する ⇒ 抵当権者の請求する

405頁下から8行目 数個の不動の同時配当に ⇒ 数個の不動産の同時配当に

405頁下から7行目 同順位の抵当が ⇒ 同順位の抵当権が

410頁上から7行目 共同抵当権が ⇒ 共同抵当権者が

428頁下から9行目 398条の12第2項前段 ⇒ 398条の12第2項前段・第3項

432頁下から4行目 その時に請求の確定する ⇒ その請求の時に確定する

465頁下から12行目・14行目 374条 ⇒ 375条

内容的に足した方がいいと思うのは、物上代位の第三債務者保護説(判例)のところを含めて抵当権は内田先生で足すのと(近江先生でもいいと思うんだけれど、第三債務者保護説の説明は内田先生のが良いと思う)、背信的悪意者の最判平18・1・17=百選56事件ぐらいかな~。

追記(2010.4.30);忘れていました。最判平19・7・6=百選90事件も足さないとだめですネ。共同抵当のところは近江先生が分かりやすいと思います。

川井先生で勉強している人がいれば、参考にしてくださいネ。

民法概論〈2〉物権 Book 民法概論〈2〉物権

著者:川井 健
販売元:有斐閣
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 西田総論 2つめの改説は・・・。 | トップページ | 四宮和夫・能見善久「民法総則(第8版)」弘文堂をゲット! »

民法」カテゴリの記事