« キトサン溶液を撒く。 | トップページ | 布袋寅泰「MODAERN TIMES ROCK’N’ROLL」 »

2009年12月23日 (水)

師走 ブログは怠惰・・。

師走の名の通り、12月はメチャクチャ忙しい・・・!!

そんななかでも、本は読んでいます。

木山泰嗣さんの本は、「読書術」以外は読みました。

「究極の思考術」は、ものごとを大局からつかむ際に、必要な視点だと考えています。

「究極の文章術」は、法律を学ぶ人には、必需品!法律論文を書く際に(答案かな)、参考となる具体的な技術が載っています。なので、逆に、法律を学んでいない人には、どこまで有益なのか、興味があります。

「小説で読む民事訴訟法」はさすが。「民事訴訟法は実務家から習うのがいい」なんて記述がありましたが、民訴の核となる概念を、具体例で説明しているので、分かりやすいし、頭に残ります。民訴の学習者が、2番目に読む本として超オススメです。

そして、法学セミナー1月号。

法学セミナー 2010年 01月号 [雑誌]

読み応えのある記事が満載です。法学教室より、全然良いですネ。編集の方がとても苦労されているんでしょうネ。ずぅっと、法学教室を購入し続けていますが、法学セミナーに切り替えようかな・・・。読者のニーズにこたえようとしているのかな。デフレの時代に、あれで1400円は高く感じます。法学セミナーの方がずっと良心的に感じます。

小粥太郎先生の「法学入門―自由に考えるための作法 ④民事訴訟法(2)-新堂幸司」も面白く読みました。新堂民訴を読まれている方は、ぜひ、一度、お読みになってください。

そのほかにも、宍戸先生の憲法も参考になりました。

不動産法入門、河上先生の担保物権法、書評(ライブラリー)も必ず読みます。行政法の事案解析の作法も、勉強になります。

と、ここ数カ月、法学セミナーは購入しています!

あと、佐藤義典さんの「売れる会社の凄い仕組み」も読み終えました。佐藤さんの戦略論にはまっています。物語で分からせる文章力は、すごいな~。佐藤さんの本は3つ目を読了。もっと、読みたいのですが、わたくしの住む街の本屋にはなかなか置いてないです・・・。

« キトサン溶液を撒く。 | トップページ | 布袋寅泰「MODAERN TIMES ROCK’N’ROLL」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事