« ノートパソコンの修理。 | トップページ | 週刊朝日10月16日号 »

2009年10月 7日 (水)

久しぶりの衝動買い 柴田和史「会社法詳解」(商事法務)

仕事場に行く前に、少し家を早く出たので書店へ。

そこで見つけました。

会社法詳解

前にも記事で書きましたが、柴田先生のこの本が良かったということもあり、出版されてから興味は持っていました。

ビジュアル 株式会社の基本 (日経文庫)

しかし、衝動買いの契機となったのが、はしがきです。柴田先生は、故・竹内昭夫先生のお弟子さんなんですネ。竹内先生の会社法講義は、名著ですからネ。一度、弥永先生が補訂されていますが・・・。

まあ、それは置いといて、オットーマイヤーの言葉を引用しつつそれと同様に「会社法の外観が変わっても、会社法学の基本原理を追究しその基本原理に立脚する解釈法学は脈々と生き続けているはずである」という「会社法の連続性を強く意識しながら会社法の解説に努めている」という点に、前田庸先生の解釈論に通じるな~と思いました。もちろん、連続していない点も明らかにすると述べています。

「解釈論を主とする伝統的法律学は、論理的整合性のみならずその時代および近接した未来における社会的正義・社会的衡平・社会的構成についての価値観が問われる学問である。著者は、会社法の分野において緻密な解釈論が華々しく展開される日が再来することを待ち望む。そのため、本書は、現行会社法の平易な解説を行うことを主眼としながら、同時に個々の条文についての商法学者間における解釈の不一致をできる限り拾い集めるように努めている。会社法の最前線で活躍されている商法学者の間でひそかに生じている解釈論の軋轢は、解釈論の論争を通じて構築されるはずの将来の壮大な会社法学体系の萌芽となるからである」。

また、目次をざっと見ると、「第1章 会社法序説」のなかに、「第5節 会社法に関する学説の根底にある思想」という節もあったのも、「読みたい!」と思ったきっかけですネ。

高かったんですけれども、そしてほかに買おうと思っていた本もあきらめ、購入しました。

ほかに購入した本は・・・ついに見つけた!二宮周平先生の「家族法(第3版)」(新世社)。2か所、改説したところがあるとのことで・・・。婚姻意思のところの改説はすぐに読みました。大村、内田先生の学説の影響かな~と思われつつも、理由づけは二宮先生らしい理由づけでした。

あと、日本史選択者だったので、つい手が伸びたのはコレ。

もういちど読む山川日本史

高校のときに使用していました。が、その後の学説の進展によって、学んだ内容が変わっていたりするんですよネ~。高校のときは「山川の教科書は右寄りだから~」と高校の日本史の先生が言っていたナ~。でも、大学入試のことを考えると使わざるを得ないって。

本当はマーケティングの本などを買おうと思っていたんですが・・・図書館で借りることにしました。上記2冊で1万円近くですからネ・・・。

« ノートパソコンの修理。 | トップページ | 週刊朝日10月16日号 »

会社法・商法」カテゴリの記事