« もんすたー。 | トップページ | 自分用メモ 大村敦志「生活のための制度を創る シビル・ロー・エンジニアリングに向けて」有斐閣 »

2009年8月20日 (木)

NHKドラマ「気骨の判決」

もう、あちらこちらのブログでも、このドラマの感想が書かれていますネ。

概ね、好評のようです。

リアルタイムでは見ることができませんでしたが、

一昨日、やっと見ることができました。

感想は・・・。

うぅん・・・。という感じです。

ドラマ終了時に「実話をもとにしたフィクション」と出ていましたが、

本当にそのとおり。

本の方が良かったな。

調査に基づいた記述を淡々と。もちろん、推測に基づく記載もありましたが、それは推測であることが明記されていましたから。

ドラマは、ドラマですから、推測がそのまま事実として描かれてしまいます。

そこが不満。フィクションだと分かっているのだけれど、なんかそこに物足りなさを感じてしまいました。

わたくしがヒネクレすぎですかネ~・・・。

あとネットでもかなり指摘されていましたが、「訴訟費用は被告人の負担とする。」は、どうしてそうなったんでしょう。

ちなみに先日手に入れた判決文の主文には、

「昭和十七年四月三十日施行セラレタル鹿児島県第二区ニ於ケル衆議院議員ノ選挙ハ之ヲ無効トス

訴訟費用ハ被告ノ負担トス」

となっています。

 気骨の判決 東条英機と闘った裁判官

« もんすたー。 | トップページ | 自分用メモ 大村敦志「生活のための制度を創る シビル・ロー・エンジニアリングに向けて」有斐閣 »

映画・テレビ」カテゴリの記事