« ついにゲット!大村敦志「民法読解 総則編」有斐閣 | トップページ | 川村カオリさんのアルバムに吉川・布袋が楽曲提供! »

2009年4月 3日 (金)

「を」について

「を」という語を口頭で他人に伝えるとき、なんて言いますか?

うちの妻は、「くっつきの『を』」と言います。わたくしは、「くっつきの『を』」という言葉を初めて聞きました。

わたくしは、「ワ行の『を』」というようにしていたのですが・・・。

妻は、学校で「くっつきの『を』」と習ったそうです。わたくしには、そういう記憶は全くなく・・・。

ネットで調べてみると、「くっつきの『を』」というところがあるようですネ。ただ、地域によって言ったり言わなかったりするようで。文科省も別にそのような表現はしていませんネ。以下のページで読んだのですが(孫引きとなります・・・)・・・。

http://okwave.jp/qa2153035.html

主流は「ワ行の『を』」だそうで、17県。

「くっつきの『を』」というのが、東京、神奈川など6県。

「下の『を』」と呼ぶのが、新潟。

「小さい『を』」と呼ぶのが、富山。

「こしまがりの『を』」と呼ぶのが、青森だそうです。

ちなみに、妻は東京で教育を受けた人間。

あれ、わたくしは神奈川県で教育を受けてきたけれど、「くっつきの『を』」なんて習わなかったぞ。

« ついにゲット!大村敦志「民法読解 総則編」有斐閣 | トップページ | 川村カオリさんのアルバムに吉川・布袋が楽曲提供! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事