« 合憲性の審査基準 その1・・・渋谷「憲法」その1 | トップページ | いつの間にか20000アクセス、ありがとうございます。 »

2009年4月15日 (水)

はじめての分解

パソコン歴は長いのですが、そんなに詳しいというわけではありません。

しかし、仕事場では一番詳しいということで、何かトラブルが発生すると、自分の仕事は差し置いて、わたくしがどうにかせねばならないという状況になります・・・。

ここ数ヶ月で3度、大きいトラブルが発生しました。

まず最初は、前にも記事に書きましたが、ノートパソコン(富士通・XP)が「死のエラー」と呼ばれるトラブルに見舞われました。再起動を繰り返すばかりで、WINDOWSがまったく立ち上がらないというものでした。これは、ネットでいろいろと調べていくうちに、大半のデータの復旧ができ、再インストールで現在は使用できるようになりました。

次に、新しく購入したデスクトップ型。acer(VISTA)です。これは、使用を初めて3日後くらいに、電源がまったくつかなくなってしまい・・・。データは完全にアウト・・・。パソコン自体は交換となりましたが、中にはかなりの重要なデータが・・・。3日前までのデータはあったので、被害は多少は抑えられましたが・・・。

そして、12日の日曜日。LENOVOのデスクトップです(VISTA)。LANでつながらないという症状が出てはいたのですが、12日に、突然画面が真っ白になったらしく、あわてて電源ボタンを押して強制終了したらしい。その後、電源ボタンを押しても、ファンは回っているものの、WINDOWSは立ち上がらず・・・。

ネットで調べましたが、修理に出すしかないという答えが多かったです・・・。修理は業者に出すと、5万ぐらいかかりそう。

まずは、データを取り戻せないかと、ネットでいろんなページを調べてみて(LENOVOのページは全然か使えなかった)、HDを取り出して、他のパソコンにつなげて、コピーするという方法があることを発見(HDが壊れていないことが前提です。上記症状は、内蔵電池の交換で済む場合もあるそうなのですが、今回は内蔵電池の交換では戻りませんでした。その他には、メモリの故障、マザーボードの故障らしいです・・・)。その際に使用したのが、HD(SATA)に直接つなげて別のパソコンにUSBでつなげ返還させるというケーブル。3000円弱で売っています。

それを購入し、デスクトップを分解し、HDを取り出す。これも、はじめての作業なので、慎重に行う。まあ、プラスのドライバーだけで開けていくので、大した作業ではないんですよネ、そんなには。

取り出したHDに、購入したケーブルについていた電源コンセントをつなげると、動き出したので、別のパソコンにUSBでつないで外部機器と認識させて、その中を見てみると、データがありました。ホッとしました。2時間ほどでコピーは終了。

とりあえず、データの復旧は完了。

あとは、LENOVOの復旧を明日以降、やってみようと思います。でも、いまは忙しいからな~。昨日はこの調査・作業でほぼ1日つぶしてしまったし・・・。

トホホな1日でした。

あ、1つ書いておきたいことが。タレントの北野誠氏が芸能界から干されそうな記事が、ネットで出ていますよネ。どのような不適切な発言をしたのか、事務所はこれを明らかにするべきだと思うのですが・・・。ラジオ番組も突然終了、レギュラー番組も随時降板させるって、どれだけの不適切な発言をしたのか、言論には言論で対抗すべきでしょ。北野氏の肩を持つわけではありませんが、社会的存在を抹消させようとする「力」は何なのか・・・。それを知りたいですネ。

« 合憲性の審査基準 その1・・・渋谷「憲法」その1 | トップページ | いつの間にか20000アクセス、ありがとうございます。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事