« 上司論 再論 | トップページ | ついにゲット!大村敦志「民法読解 総則編」有斐閣 »

2009年3月29日 (日)

エセ科学

とある大学教授のブログの記事ですが・・・まさにそのとおりと思った記事ですので、紹介したいと思います。ちょっと古いんですけれどネ。

http://junjikido.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_c115.html

「チャレンジ小学3年生」12月号の別冊付録に、「音の不思議大発見」として、クラシック音楽を聴かすとトマトが甘くなったり、牛乳が美味しくなったり、鶏の卵の数が増えたりという、クラシック音楽が動植物に与える影響についての記事があるそうです。

小さい字で親御さんに「諸説ありますが」という注意書きもあるそうですが・・・。

批判能力もない子どもたちへの教育については、慎重に慎重を期すべきでしょう。教育産業のなかでは、ベネッセは、大きいほうの企業になるのだと思うんですが、所詮、企業なんでしょうネ・・・。

じゃあ、学校の教員はしっかりしているのかというと、そんなこともないですしネ。高校のときの教員は、全くと言っていいほど、使い物にならない(授業自体が役に立ったとは思えないし、成立していないものが多かった)ので、その分、自分たちがしっかり学習をしなきゃ、ということを学んだかな~。

中学のときも、教員は信じちゃいけないんだ~ってことに、あるとき気づいて。

となると、親がしっかりしなければいけないんだ!というのが、わたくしの結論。教育を学校にだけ任せることは・・・。かといって、その代替に何を使用すべき(書籍・塾・予備校等)かについても、十分な注意を払わなければいけない、ということなんでしょうネ。自己責任。

話は変わり、大村先生の民法読解がまだ手に入らず・・・。昨日は、新宿の三省堂に久々に行ったのですが、店内が変わっていて、法律書置き場がかなり減った感じを受けました。時間があれば紀伊國屋に行ったのですが・・・。ネットで購入すればよかったかな。明日、書店に行ってなかったら注文するのが早いのか、ネットで購入した方が早いのか・・・。

民法読解 総則編 Book 民法読解 総則編

著者:大村 敦志
販売元:有斐閣
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高速道路1,000円が始まり、ニュースで結構取り上げられています。本日18時現在で中央道の談合坂で19km渋滞など・・・。でも、トラックは除外されているし、首都圏も除外されていたり。以前の記事にも書いた、「産科医療保障制度の不合理性」と同じく、天下り先だけが儲かるシステムのような気がします。「本音とタテマエ」。タテマエは「国民に還元」、本音は「天下り先の収入UP」って。民営化されたはずなのに、国が経済政策の一環として高速道路料金を決めてしまうためなんて・・・。

http://last-rock.cocolog-nifty.com/blog/cat12807047/index.html

イギリスで「13歳の父親」ってニュースがあったそうですが、DNA鑑定で違っていたらしいですネ。となるとあの母親はいったい・・・・。

« 上司論 再論 | トップページ | ついにゲット!大村敦志「民法読解 総則編」有斐閣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事