« 買ったモノ 売ったモノ | トップページ | R1を観て。 »

2009年2月18日 (水)

「ギタリズムⅤ」を聴いて。

GUITARHYTHM V Music GUITARHYTHM V

アーティスト:布袋寅泰
販売元:EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
発売日:2009/02/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

23時からNHKで「SONGS」やりますが・・・

昨夜、1度聴いて。通勤の間にも聴いて。2度聴きました。感想が違うんですよネ。何度か聴き回していると、違った感想が出てきて、それでその感想・思いが固まって行く。

だからこそ、1度目に聴いた時の感想って、よっぽどインパクトがないと残らない気がします。とくに若い時とは違って、そのように思うな~。

で、1度目を聴いた時の感想。

「ギタリズム」というと、やはり「Ⅰ」。あのインパクトはすごかったからな~当時。COMPLEXを経て「Ⅱ」~「Ⅳ」と続いたわけですが、「Ⅴ」はやはりそれら、またはその後のアルバムを経た後の「ギタリズム」ですネ。「Ⅰ」とは違う。どこかで「Ⅰ」のような曲を期待していたんだろうな~。そこが・・・うぅん、なんていうんだろう。「Ⅰ」と違うところが悲しいようで、でも楽しくもあり。

聴く前は、もっとポップでメロディアスかと思ったらプログレっぽいのあるし、変拍子の曲が好きなわたくしには、ワルツが入るのも、9/8が入るのもいい!カッチョいいです。どれが1番良いとかまだ自分の中で決まってはいないのですが、印象に残ってるメロディは、なぜか「PSYCHO DISCO」。歌詞で残ったのは「APPLES」。森雪之丞ワールド炸裂の「Ⅴ」の中で會田茂一の詩が頭に残りました。あと、LOVEがゲスト・ヴォーカルの「BEAUTIFUL MONSTERS featuring LOVE」も新鮮でした。

以上、あくまでも1度目を聴いた個人的な感想です(別冊カドカワも読む前です)。

通勤中に2回目を聴いた時に残ったのは「TiC TaC」。スタッフの小学生のお子さんが「ちくたくちくたく」がかわいらしく。いまの布袋さんのギタリズムだな~と、ふと、思ったのでした。

久々にROCKの面白さを感じた作品です。傑作です。

と、ブログを書きながら、NHKの「SONGS」を観てました。

« 買ったモノ 売ったモノ | トップページ | R1を観て。 »

文化・芸術」カテゴリの記事