« 法律書を初めて古本屋に売るの巻 | トップページ | マイノリティーであるがゆえの戦い。 »

2009年1月19日 (月)

猿、天地人という言葉を知っておるか。

天地人、見ています。

1話・2話は、与六が他のキャストを食っちゃいましたネ。

「本当はこんなところ、来とうなかった・・・。」

あの子役たちはもう終わりなんですよネ・・・。残念。子役が主役の大河もありじゃないの?

そして昨夜が第3話。信長=吉川もちょいちょい出ています。第3話では、台詞がカッコイイ!

「猿、天地人という言葉を知っておるか。天の時、地の利、人の和・・・古よりこの3つが揃った武将だけが天下を治めることができると言われている・・・」

でも、これ本当は謙信の言葉からみたいですネ。それを信長に言わせることによって、今後の展開を暗示しているのか。

「輝虎(謙信)公の曰く、天の時、地の利に叶い、人の和ともに整いたる大将というは、和漢両朝上古にだも聞こえず。いわんや、末代なおあるべしとも覚えず」。

http://www9.nhk.or.jp/taiga/topics/check01/index.html

兼続と信長の接点もないんじゃないかという説の方が強いみたいで。まあ、脚色脚色。ザッツ・大河ドラマ!

« 法律書を初めて古本屋に売るの巻 | トップページ | マイノリティーであるがゆえの戦い。 »

吉川晃司」カテゴリの記事