« 井田「講義刑法学 総論」その3(訂正 再UP②) | トップページ | 浦沢直樹「20世紀少年(1)」小学館 »

2008年12月13日 (土)

横山雅彦「大学受験に強くなる教養講座」ちくまプリマー新書

大学受験に強くなる教養講座 (ちくまプリマー新書)

ちょっと前に衝動的に本屋で買った本。帯に、「内田樹氏も推薦!―大学院の英語入試の出題委員になったときに、カール・ポパーとグレゴリー・ベイトソンを選んだ。どちらも横山さんは「試験によく出るから読んでおくといいよ」とこの本で書いている。ベイトソンの方はピンポイントで出題箇所まで当てられてしまった。なんだかすごく悔しい。」という文章で興味が湧きました。ポパーも書いてあるのか、と。

 ポパーの論を分かりやすく端的に紹介していたり、因縁果・陰陽の話、王法と仏法の話(いまの宗教家に対する批判も)、カエルの指の話、NEWS23「なぜ殺人をしてはならないか」、親鸞の話などは、興味深く読みました。

 内容からすれば、本当、高校生のときに読んでおくべき本でしょうネ。速読で。

« 井田「講義刑法学 総論」その3(訂正 再UP②) | トップページ | 浦沢直樹「20世紀少年(1)」小学館 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事