« いえそば | トップページ | 免疫力を高める食物だそうで。 »

2008年11月 4日 (火)

親友の誕生日

昨日の11月3日は大学時代の親友の誕生日です。

生きていれば不惑。わたくしの3つ上。

入学式に隣同士になったことがきっかけで仲良くなりました。

クラスは同じクラス。わたくしはバンドをやっていたので軽音楽部に入ったので、サークルは違ったんですが、仲良く遊んでいました。朝2限からの講義に出ようと駅についたとき、偶然会って、そのままボーリング場へ行き、2人で22ゲームやったこともありました。そのボーリング場は、当時彼の住んでいた家の近くにあり、1ゲームの学生料金が平日昼間は200円。それから数日して料金が倍に跳ね上がったのは、わたくしたちのせいではない。そのときに、自己最高の218をマークしました。カーブをこのときに覚えて。彼はシュート派で。お互い負けず嫌いということもあり、22ゲーム。隣でプレイしていたおばさんグループから、「すごいね、よくやるネ~」と割引券をもらったなー。

仲間内の誕生日には、誕生会(ボーリング、カラオケ、飲み)をやっていました。彼はドライブが好きだったので、ドライバーグローブをあげたことを覚えています。

カラオケでは、よく佐野元春を歌っていました。おれは吉川オンリーだったのだけれど。

そんな彼が亡くなったのは、平成17年の4月。勤務中に体調不良を訴え、医務室へ運ばれそのまま意識をなくして。奥さんと2人の子どもを残して・・・。

彼が生きていれば不惑。

大学時代には2人で夜通し飲み明かしたりして、いろんなことを話しました。

でも、もっと話しておけばよかった。話したいことが山ほどあるし、相談したいことも山ほどある。けれど、彼はもういない。

「いま君はシューティング・スター 届かないすべて
 思い出は 輝いているのに
 いつか僕に話した1つの
 その夢 信じて抱きしめ 一人でも生きる」

吉川が尾崎が亡くなった時に作った「星の破片(かけら)」の歌詞です。

この歌詞の重みを、知りたくなかった。

« いえそば | トップページ | 免疫力を高める食物だそうで。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事