« KIKKAWA KOJI LIVE2008 25th Year’s Eve | トップページ | 松尾浩也「来し方の記」有斐閣 »

2008年11月12日 (水)

櫻井進「感動する数学!」海竜社

感動する!数学

先日、図書館で借りた本のうちの1冊。著者(サイエンス・ナビゲーターと名乗っていますが、その理由についてはこの本を読んでみてください)の数学に対する「愛」を感じることができます。学問をやっている際に「感動」を感じられることは、素晴らしいことだと思います。

内容も、数学者たちの様々なエピソードが語られ、とても興味深く読み進めることができます。ノーベル賞に「数学賞」がない理由、物理法則や数学の公式は「特許」をとれないこと、天才ガウスの幼い頃の逸話、素数、友愛数、黄金比など、興味深い話ばかり。こんな話を数学の授業で聴いていたら、もっと楽しく数学を勉強できたんだろうな~。

中学3年の時の数学の先生の教え方にまず躓いたな。1学期の中間で少しコケテ。そこから自分で一生懸命勉強して。

知っているのと知らないのとでは大違い!っていうこと、多いですよね。まだまだ発展途上中。

« KIKKAWA KOJI LIVE2008 25th Year’s Eve | トップページ | 松尾浩也「来し方の記」有斐閣 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事