« MBT。情熱大陸でも。そして市民球場。 | トップページ | 「乳がん」について考えさせられた1日。 »

2008年10月 1日 (水)

村上憲郎「村上式シンプル英語勉強法」ダイヤモンド社

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける

31歳から自力で英語をマスターした、との帯の文章に惹かれ、また英文解釈の本でかんべやすひろ氏の本を紹介していたということもあり、購入。

かんべ氏の英文解釈、英文法の本は、大学入試用ですが、英文の読み方をマニュアル化しており、とても分かりやすい!最初に読むなら英文解釈をオススメ。

そして、文頭が12種類に分類できるという点が、かんべ氏・村上氏の共通点だそうです。

「英語を身につけるのは、スポーツのトレーニングと一緒!」というのが読み終えた感想。「単語は丸暗記しない、毎日会って頭に入れる」というのは右脳を使った覚え方で速読に似ていると思いました。あと、「リスニングは耳の筋トレ」というところも速読の方法に近いな~というのが感想。

本当にこういうやり方でいいのかな?という疑問を持たれる方が多いと思います。しかし、まず実践しないといけないですネ。スパルタに近いものはありますが、英語を話せなくてもまあまあなんとかやっていける日本人にはきついのかな~なんて思ったりもして。

しかし、やる気を起こさせる本です。参考文献もしっかり載っているし、村上式の方法論も具体的。

*英語を英語のまま、内容を英語で読む」ことに気づくことが、英語上達への第一歩
*まず100万語を目標に読む(小説にして約10冊、ノンフィクションで約5冊。読む際はひたすら前へ前へ進む。ロバート・B・パーカーの「スペンサーシリーズ」がオススメ。
*知らない形容詞は「good」か「bad」に変換する。

などなど、これに沿ってやってみましょう。わたくしも少しずつですがやってみようと思います。

ただ、来年、ロシア旅行したいなーと考えており、現在、ロシア語も少しずつ勉強中。大学時代、第2外国語で撮っていて、大学の時はかんたんな会話程度ならできたんですが、離れて10数年。抜けていますネ~。ロシア語の本は村上式よりも2冊購入。これも少しずつやっています。いろいろ探してみて、以下の2冊がよいかな~と。

NHK新ロシア語入門 (CDブック) 今すぐ話せるロシア語 入門編 (Oral Communication Training Series)

« MBT。情熱大陸でも。そして市民球場。 | トップページ | 「乳がん」について考えさせられた1日。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事