« 広島CS進出ならず・・・。 | トップページ | 今日も数冊並行で読んでいます。 »

2008年10月 5日 (日)

デール・カーネギー「こうすれば必ず人は動く 人生成功への必勝ノウハウ」きこ書房

デール・カーネギーの本は、初めて購入。ずっと気にはなっていたのですが、だからこそ避けていたのかもしれません。いろいろな書評も絶賛の嵐でしたし。

不朽の名著と絶賛される「人を動かす」(創元社)を最初に読むのではなく、「幻の本」と言われた本から読んでみようと。そんな理由にもならない理由をつけて、購入しました。

いまはちょっとほかにも並行している本が山ほどあるので、1章ずつ読んでゆこうかな~と思っています。

「第1章 人を非難する前にしておくべき心の手続き」では、2つの成功ノウハウが。
1.「どのような状況であれ、間違いを犯したときには、それを素早く、十分に、心から認めるということがいちばん賢明である」(20頁)。

2.「自ら裁かれることを欲しないならば、人を裁くことなかれ」「誰に対しても悪意を抱かず、すべての人を慈しむ」(リンカーン)(24頁)。

1.については、間違いを犯したらすぐに謝るということは心がけていますが、それが心からとなると、難しいな~。ミスを認めたくないという心もどこかにあり。でも、気をつけていきましょう。

2.人間だれしも、人のことを裁いちゃいますよネ、平気で。でも、何が真実かを見極めてから裁かなければいけないと考えているので、そう簡単には人を裁かないようにしています。後者の「誰に対しても悪意を抱かず」というのは、難しいですよネ。読み終わってから思い出したのが、キリスト教の「右の頬云々」のくだり。わたくしには、それは、無理だな~、そう思ってしまうのも人間臭くて良いと思っているので・・・。

と、まだまだ感化されてはいません。これがどう変わっていくのか・・・。

« 広島CS進出ならず・・・。 | トップページ | 今日も数冊並行で読んでいます。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事