« 母の退院 | トップページ | MBTの靴 »

2008年7月31日 (木)

茂木健一郎「脳を生かす勉強法」PHP研究所

脳を活かす勉強法

この本を買おうかどうか迷っていました。というのは、最近の記事を読んでもらえればわかるのですが、勉強法に関する本を最近多く読んでいてそれと内容的にかぶるところが多いのではないかと思っていたからです。実際、アマゾンなんかの感想を見ると、そのような感想を書いている人もいました。

しかし、「気になる本は買いなさい」というアドバイスも妻の父からいただいたこともあり(このアドバイスをいただいた日に、スーパーエリートノ受験術も買ってしまいました)、エイッと買いました。

「人間の魅力とは内面的な輝き、つまり『知』」(118頁。184頁以下も参照)なんだけれど、学習のしかたを知らないために勉強することを嫌になってしまう人が多い。そもそも「天才とは、天才になるような学習のしかたを知っている人」(144頁)であって、そのためにさまざまな勉強法なり、脳の機能について知っておいたほうが得な情報が多く載っています。

当り前の情報もあるのかもしれませんが、これをふだんから意識しているのといないのとでは、違ってくるんでしょうネ。

価値観もわたくしと近いところがあったので(特に後半)、面白く読めました。

« 母の退院 | トップページ | MBTの靴 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事